自動車税 クレジットカードで支払ってみた 納税証明書やいつまでに納付するの?

スポンサーリンク
情報

自動車税をクレジットカードで支払ってみました。

納税証明書や、納付期限について書いていきます。

 

自動車税 納付期限はいつまで?

 

 

自動車税の納付期限はいつまでなのか?について書いていきます。

5月に入る辺りに納税通知書が届いていませんか?

 

 

 

 

車庫証明をした都道府県内であれば、5月入って直ぐに届いています。

86の場合、車庫の登録が京都なので、10日程遅れて通知書が届きます。

 

 

 

 

確か、昨年は納税通知書を持って最寄りの銀行に支払いに行きました。(ベタですね…)

今年は、お手軽にできるネットでの納税をやってみました。

 

 

 

 

納税通知書にもある通り、令和3年度の納税期限は令和3年5月31日までです。

納税の期限を過ぎると、延滞金額を余剰に納めなければなりません。

 




 

 

 

自動車税 クレジットカードで支払いしてみた

 

 

自動車税を実際にクレジットカードで支払いしてみました。

私はパソコン(Yahoo!公金支払い、妻の車)、スマホ(Android、86)で、それぞれ納税しました。

 

 

 

 

パソコンの場合の流れはこんな感じ。

  1. 納付番号と確認番号を入力
  2. 納付金額を確認して、その他必要事項を入力する
  3. 納税方法を選択→カード番号等を入力する
  4. 納税完了!

 

 

 

 

スマホの場合はこんな感じ。

  1. 同封の案内のQRコードからサイトに接続
  2. 通知書のバーコードをカメラで撮影
  3. 納付情報を確認して納付方法などの入力
  4. カード番号などを入力する
  5. 納税完了!

 

 

 

 

どちらの場合もメールアドレスの入力があるので、納付の手続きをした後にメールが送られてきます。

 

 




自動車税 クレジットカードで支払いした時の証明書は?

 

 

自動車税をカードで支払いした時の証明書について書いていきます。

通常、金融機関などの通知書を持参して納付する場合は、領収印を通知書に押印してもらいます。

 

 

 

 

しかし、インターネットからクレジットカードで納付した場合は、メールが届くだけです。

また、納付証明書は都道府県毎に発行してくれる所、してくれない所があるみたいですよ。

 

 

 

 

地元の静岡県の方は、納付証明書の発行はない模様です。

京都府の方は、税務署へ行くと発行してもらえる模様です。

 

 




 

ちなみに、2015年から自動車税の納税確認は電子化されています。

なので、かつては証明書を車検証に挟んで保管しておかないと、車検が通らなかったりという場合があったりしました。

 

 

 

 

現在は、確認がインターネット上でできてしまいますが、納付手続きが反映されるまでに3日間程度かかるようです。

なので、納税通知書が届くのと車検が同じくらいのタイミングになる人は、金融機関やコンビニなどで納税するようにした方が確実です。

 

 

 

自動車税 クレジットカード支払いでポイントゲット?

 

 

 

 

自動車税は、自動車を所有する中で必要な税金です。

障害者減免というシステムはありますが、たいていの人は安くする事はできないですね。

 




 

 

このような、必要&減らせない支出の場合は、クレジットカードで支払ってポイントで還元するのが良さそうです。

 

 

 

 

今回は、2台ともクレジットカードで納税しました。

他には、ネットバンキングやPay-easy(ペイジー)などの納税方法もあります。

システム手数料が別途発生するので、お忘れなく。

 

 

 

 

記事を執筆したのは、5/11なので、まだ納付していない人は、お早めに納付しましょう。

 

 

 

 

最近、耳にするようになった「サブスクリプション」。

車のサブスクなら、自動車税や任意保険料がコミコミの月定額で車が乗れます!

車のサブスクについて調べてみた リース何が違うの?

『忘れてません? 法定点検について』

『サブスクがこんな所にも! タイヤのサブスクMoboxについて』

コメント

タイトルとURLをコピーしました