車の鍵 閉じ込みが起こるのはなぜ? スマートキーのインロックの原因などについて

スポンサーリンク
情報

車の鍵の閉じ込みが起こるのは、なぜなのか?

スマートキーでもインロックが起こってしまう原因について調べてみました。

 

 

 

 

車の鍵の閉じ込みとは?

 

 

まず、車の鍵の閉じ込みについて。

車に限らず、こういった経験された事はありませんか?

 

 

 

 

  • ホテルで鍵を置いたまま部屋の外に出てしまった(ドアはオートロック)
  • マンションなど、エントランスから外に鍵を持たずに出てしまった
  • 車の中に鍵があるのに、施錠してしまった

 

 

 

 

車に限らず、1度は経験があると思われます。

ホテル勤務時代に、解錠する側でよく遭遇しました。

 

 

 

 

今回は車内に鍵があるのに、施錠してしまった場合について書いてみました。

次に、閉じ込みが起こる原因について書いていきます。

 

 

車の鍵 閉じ込みの原因について

 

 

車の鍵の閉じ込みの原因について調べました。

最近はワイヤレスで施錠ができる車がほとんどです。

 

 

 

 

先に、シリンダーに鍵を差し込んで施錠する場合の閉じ込みの原因について。

これは主に「鍵を使わなくても施錠できる方法」があるからです。




 

車の鍵 閉じ込みの原因 「鍵を使わないドアロック」

 

 

古い車ではドアのロックを掛けて、ドアノブを引いたままドアを閉める、という方法があります。

私自身が小学生の時に、親がしていた記憶があります。

 

 

 

 

鍵が無くても施錠できてしまうので「少し車を離れるだけ」という時に使っていました。

閉じ込みをするタイミングに限って、鍵が手元にあるか確認するのを忘れてしまいます。

 

 

 

 

スマートキーが普及している最近では、違う原因があるようです。

 

 

車の鍵の閉じ込み スマートキーのインロックの原因は?

 

 

鍵を出す事がなく施錠・解錠ができるスマートキー。

車内への閉じ込みと無縁と思いきや、発生するようです。

 

 

 

 

その原因は主に3つあるようです。

 

 

スマートキーのインロック原因① 電池残量が少ない

 

 

スマートキーのインロックの原因の1つ目は「電池残量が少ない」事です。

スマートキーの電池交換の記事を書いています。

 

 

 

 

電池の残量が少なくなると、施錠や解錠の反応が遅くなります。

車内に鍵があるのに、スマートキーからの信号が弱いと鍵が無い状態と見なされてしまいます。

 

 

 

 

車内に鍵がある場合に、警告音を鳴らす機能がある車でも、この場合は施錠できてしまいます。

また、一定時間おくと施錠されるオートロックの機能を装備している場合も注意が必要です。

 

 

 

 

予防策としては、定期的に電池交換する事です。

スマートキーのボタン電池は2~3年程度が交換目安とされています。

電池残量が少ないと、メーターパネルに警告が表示される車種もあります。




 

スマートキーのインロック原因② 施錠ボタンが押されてしまう

 

 

スマートキーのインロックの原因の2つ目は「施錠ボタンが押されてしまう」事です。

鞄に入れている状態で、何かの拍子で施錠ボタンが押されてしまう場合があります。

 

 

 

 

予防策としては、車を離れる場合は必ず鍵(の入った鞄)を持ち出す事です。

または、スペアキーを車内とは違う場所に置いておく事です。

 

 

 

 

自宅の駐車場であれば、自宅にあるスペアキーで解錠できます。

出先の場合の対策も必要です。

 

 

 

 

調べた中では、バンパー裏等に貼り付けておく、という方法がありました。

これは、盗難のリスクを考えるとおすすめできる方法ではありません。

 

 

 

 

必ず身に付けている物に、鍵を付けておくのが良さそうです。

 

 

スマートキーのインロック原因③ センサーの故障

 

 

スマートキーのインロックの原因の3つ目は「センサーの故障」です。

スマートキーの電池も残量があるのに、施錠や解錠の挙動が不安定な場合です。

このような場合は、ディーラーや購入した販売店へ問い合わせてみましょう。

 

 

 

 

これについては予防策がありません。

「ん?」と感じた時に、早めに販売店などで見てもらいましょう。

 

 




 

インロックに限らず、スマートキーの取り扱いの注意点は複数あります。

車の取扱説明書に記載があるので、確認しておきましょう。

 

 

 

 

スマートキーは電波を発しているので、電波を遮るのが良くないようです。

スマートフォンの近くでスマートキーを使用すると、反応が良くない場合があるようです。

 

 

車の鍵の閉じ込み 開け方は?

 

 

車の鍵の閉じ込みが発生した場合、その開け方について調べました。

1番確実な方法は「スペアキーで開ける」という方法です。

 

 

 

 

それ以外の方法は…

  • ピッキング
  • 窓を割る
  • ロードサービス(専門業者)を呼ぶ

…があります。

上の2つは、避けましょう。

 

 

 

 

ピッキングは、鍵のシリンダーを破損する場合があります。

針金などの道具で車体に傷をつけるリスクも発生します。

 

 

 

 

最悪の場合は、解錠できずにシリンダー交換の費用もかさんでしまいます。

車内に子供やペットがいて、急を要する場合は119番で救急を呼ぶのが1番です。

この場合は、窓を割っての救助になると思われます。

 

 




 

急を要していない場合は、JAFのロードサービスや専門業者を呼びましょう。

JAFのHPで試算すると以下の様な費用になりました。

 

 

参照:『JAF HP』

 

 

加入している任意保険のロードサービスの対応内容も確認しておくと安心です。

インロックした場合は「無理に自分で解錠しようとしない事」が大切です。

 

 

 

 

鍵の閉じ込みは、まさかというタイミングで発生しやすいです。

普段から、車から降りるときは鍵を持って降りる習慣づけが必要です。

 

 

 

 

2~3年の間にスマートキーの電池交換をしていない場合は、電池交換をしておきましょう。

スマートキーの電池交換はDIYで簡単にできます。

 

 

 

 

電池交換は取扱説明書に手順が記載されています。

動画サイトに参考になる物が多くあるので、自信が無い場合は探してみるのをお薦めします。

私も家族の車のスマートキーの電池交換を初めてする時は、動画を探して予習しました。

 

 

 

 

妻の車のスマートキーも交換時期になるので、電池交換しようと思います。

↓↓こちらも一緒に読んでみて下さい↓↓

『86のスマートキー 電池交換してみた』

『任意保険について考えてみた』




コメント

タイトルとURLをコピーしました