駐車場シェアリングサービス貸出で副業? おすすめはアプリ対応のサービス

スポンサーリンク
情報

この事、ご存じですか?

自宅などの駐車場を、使っていない時間帯に貸出して副業を始めてる人、いるんですよ!

 

 

 

 

駐車場シェアリングサービスについて

 

 

駐車場シェアリングサービスについて、ご紹介します。

これは、月極駐車場の駐車スペースを使っていない時間帯のみ、貸出すサービスです。

 

 

 

 

例えば、出勤してから帰宅するまでの時間、駐車スペースとして貸出す、といった感じです。

駐車場予約サービスとも呼ばれ、webやアプリで予約・利用する形式が基本です。

 

 

 

 

コインパーキングの様な初期費用が掛からない、そんな手軽さが副業のハードルを下げてくれます。

今回は、ユーザー(利用する側)ではなく、オーナー側(貸出す側)の視点でご紹介していきます。

 

 

駐車場シェアリングサービス 貸出の手続きについて

 

 

駐車場を貸出す為の手続きは、このような流れ場合が多いです。

詳細は、各サービスのHPを確認、問い合わせをしてみてください。

 

 

 

  1. サービスにユーザーとして登録
  2. 同じサービス内のオーナーとして登録
  3. 貸出す駐車スペースの情報等を入力(寸法、写真のアップロード等)
  4. サービス側の審査結果が来るまで待機
  5. 審査に通過後、料金・貸出スケジュール等の打ち合わせ
  6. 貸出サービス、スタート!




 

 

 

ユーザーとしての登録が必須のサービスが、多いようです。

料金についても、近隣のコインパーキングや、サービスが蓄積しているデータを元に設定してくれます。

 

 

駐車場シェアリングサービス 貸出についての備考

 

 

駐車場シェアリングサービスに貸出する場合の備考について。

駐車場シェアリングサービスは、基本的な所は各サービス大きく変わりません。

 

 

 

 

しかし、それぞれに他者との差別化を図ったポイントがあります。

いくつかのシェアリングサービスのリサーチで、感じた点を書いていきます。

 

 

1 駐車場シェアリングサービス 貸出は1社に絞る

 

 

当然の事ですが、貸出の手続きをするのは、1社にしましょう。

複数台分のスペースがあっても、オーナーとして管理する場合、1社に絞った方が合理的です。

 

 

 

 

ダブルブッキングした場合は、ユーザーもオーナーも、誰の特にもなりません。

各サービスの「よくある問い合わせ」に、このような問い合わせがありました。

 

 

 

 

Q 「オーナーの都合により、貸出スケジュールを変更できますか?」

A 「予約が無い場合は、変更可能です。直前過ぎたり、予約がある場合は、変更できません」

 

 

 

 

原則として、駐車場シェアリングサービスは、予約と事前決済のシステムがほとんどです。

貸出を検討する場合は、サービスの内容と駐車場の使用環境を把握して選びましょう。




 

2 駐車場シェアリングサービス 貸出の内容

 

 

駐車場シェアリングサービスでは、貸出の内容が分かれている場合があります。

シンプルに言うと、「終日貸 or 時間貸」、「要予約 or 予約不要」です。

 

 

 

 

サービスにより、貸出システムの内容が変わります。

それぞれのシステムの特徴から、手続きをするサービスを選別するのも1つの方法です。

 

 

 

 

例えば、このような感じです。

  • 「時間貸&予約不要」→回転率の高さが特徴、人の出入りの多い施設・駅周辺の駐車場向き
  • 「終日貸&要予約」→駐車場を拠点として使えるのが特徴、コインパーキングの無い住宅地向き

 

 

 

 

ライバルサーチとして、地図検索などで周辺の施設やコインパーキングを調べてみましょう。

周辺の状況に強いシェアリングサービスを見つけられるかもしれません。

 

 

3 駐車場シェアリングサービス 貸出の手数料・アプリ・補償

 

 

駐車場シェアリングサービスでは、オーナーとして貸出す場合は、このポイントも重要です。

まずは、手数料から。

 

 

 

 

駐車場シェアリングサービス 貸出の手数料

 

 

各サービスでは、よくあるQ&Aのページに、手数料が記載されている所もあります。

手数料は各社様々です、40~50%辺りといったイメージでした。

 

 

 

 

他にも手数料のパーセンテージについて、明記の無いサービスもありました。

問い合わせにもユーザー登録が必要なので、記載のあるサービスを参考程度に調べてみましょう。




 

駐車場シェアリングサービス アプリ

 

 

駐車場シェアリングサービスでは、自社アプリをリリースしている所もあります。

アプリ対応のメリットは、顧客を捕まえやすい、という点です。

 

 

 

 

最近は、スマートフォンがあれば、大抵の事ができてしまいます。

事前に駐車場を下調べする人や、その場で調べる人もいるでしょう。

 

 

 

 

最初こそ、HPから利用する人が圧倒的に多いと思います。

最初の利用で使い勝手が良ければ、アプリをインストールして、優先的に使用する人もいるでしょう。

 

 

 

 

また、アプリであれば、最初に決済等の設定をしておけば、次回以降の利用では、駐車場を探すだけになります。

このステップの少なさは、アプリならではですね。

 

 

駐車場シェアリングサービス 補償

 

 

車の任意保険などでは、万が一の時の補償内容を精査して、保険会社を選ぶ人は多いでしょう。

自宅の駐車スペースを貸出する場合も、万が一の補償についても考えておきましょう。

 

 

 

 

シェアリングサービスでは、基本的にはユーザーの加入している保険を利用するようです。

サービスによっては、貸出の為の保険を用意している所もあります。

 

 

 

 

手数料のパーセンテージ、アプリ対応の可否、万一の補償の手厚さなど、選別する要素は多くあります。

馬が合わない場合は、サービス会社の乗り換えを検討してみても良いでしょう。




 

駐車場シェアリングサービス 確定申告は必要?

 

 

駐車場シェアリングサービスに関する、税金のお話です。

副業として活用されている人もいるので、この点も先に知っておくと安心です。

 

 

 

 

会社員や年金受給者で、駐車場シェアリングサービスによる収入がある場合は、確定申告が必要になる場合があります

 

 

 

 

必要になる場合は、年間の駐車場シェアリングサービスによる収入が、20万円以上の場合です。

給与所得と合算して申告する必要があります。(合計金額により控除される分があります)

 

 

 

 

この年間の収入が20万円未満(月に1万円程度)であれば、申告は不要です。

給与所得などの控除額が増えたりする場合は、申告不要の場合でも敢えて申告する方法もありますね。

 

 

 

 

気になった人は、副業の収入の確定申告について調べてみましょう。

コロナ禍により、自動車を購入する人が増えていると、ニュース記事で見たことがあります。

 

 

 

 

コインパーキングだけでなく、駐車場シェアリングサービスの需要も見込める状況ではないでしょうか?

駐車場シェアリングサービスの会社を多く紹介しているサイトもあるので、興味を持った人は、検索してみましょう。

 

 

 

 

↓こちらも一緒に読んでみましょう!↓

『コインパーキング利用で気を付けたい事、知ってますか??』

『何となくやってませんか? 任意保険の更新で考えるべきポイントとは?』

『盗難対策してますか? ハンドルロックについて』




コメント

タイトルとURLをコピーしました