洗車用クロス おすすめをご紹介! 洗濯等の洗い方 使い捨てや大判 吸水力のあるマイクロファイバーの使い方について    

スポンサーリンク
メンテナンス

洗車用クロスのおすすめをご紹介します。

使用後の洗い方、使い捨て可能なクロス、大判で吸水力のあるマイクロファイバーについても書いています。

 

 

 

 

マイクロファイバークロスの正しい使い方も、ご紹介します!

 

 

洗車用クロス おすすめは?

 

 

洗車した後の拭き上げで使用するクロス、あなたは何を使用していますか?

洗車場などにも備え付けられているクロスがあります。

それらがどのような素材か、気にしたことはありますか?

 

 

 

 

私が使用しているのは、マイクロファイバーのクロスと人工セームのクロスです。

この2つ以外にも、スポンジ生地の物などを使用したことがあります。

 

 

 

 

今回おすすめしたい洗車用クロスは、マイクロファイバーのクロスです。

その特徴などをご紹介します。

 

 

洗車用クロス マイクロファイバーとは

 

 

洗車用クロスにおすすめな、マイクロファイバーのクロスについて。

まず、マイクロファイバーとは何なのか?

 

 

マイクロファイバーは化学的に組成された8マイクロメートル以下の極細のナイロンやポリエステルなどの繊維で、木綿と同等の吸水性や通気性・保温性を持たせた素材。

出典:Wikipedia




 

ちなみに、ヒトの髪の毛の太さが、50~100マイクロメートルです。

マイクロファイバーの繊維は、かなり細い繊維である事が分かります。

 

 

 

 

また、繊維の断面が鋭角や多角形であることから、汚れを掻き出す効果もあります。

肌ざわりは柔らかく感じますが、実際には繊維の角に触れています。

 

 

マイクロファイバーの注意点

 

 

マイクロファイバーの注意点について。

特徴的な点については、先に書きました。

 

 

 

 

注意点は、以下の通りです。

  • 力を入れて拭かない
  • 熱をかけない

 

 

 

繊維の断面が鋭角や多角形なので、力を入れて拭きとると、傷が付きやすくなります。

また、ナイロンやポリエステルが素材なので、熱に弱いです。

 

 

 

 

マイクロファイバーのクロスの扱い方については、後ほど書いています。

 

 

洗車用クロス 使い方について

 

 

洗車用クロスの使い方について、書いていきます。

マイクロファイバーのクロスでは、先に書いたように、力をかけない事がポイントです。

 

 

 

 

洗車後の拭き上げでは、大判のクロスでは、広げて車体に乗せたクロスの両端を持ち、滑らせるように拭き上げていきます。

 

 

 

 

大判ではないクロスの場合は、手のひらサイズに畳んで、車体を撫でるように拭き上げましょう。

拭き上げの時は、絞る頻度を増やすと、拭き残しを減らすことができます。

 

 

 

 

また、拭き傷を減らす為にも、拭く回数を少なく効率的に拭き上げする事も大切です。




 

洗車用クロス 洗い方について

 

 

洗車用のクロスの洗い方について書いていきます。

今回は、マイクロファイバーのクロスについて書きます。

 

 

 

 

理想は、中性洗剤で手洗いする事です。

洗濯機を使って洗う事も問題ありませんが、漂白剤・柔軟剤は入れないようにしましょう。

 

 

 

 

マイクロファイバークロスのタグなどにも記載があるので、確認しておきましょう。

乾燥は、乾燥機を使用せずに、日陰に干して乾かしましょう。

 

 

洗車用クロス おすすめピックアップ

 

 

洗車用クロスとしてオススメ、マイクロファイバークロスをピックアップしました。

 

 

 

 

Pellucid ドライングクロス ビッグサイズ

 

 

400mm×750mmの大判マイクロファイバークロス

広げて、被せて、引っ張るだけで拭き上げできる!




 

Monster Drying Towel L

 

900mm×700mmの大判クロス、驚異の吸水力で途中の絞り作業が不要!

1BOX、ミニバンなら絞らずに拭き上げ可能!

 

 

クリスタルクロス

 

 

500mm×300mm、超極細繊維のマイクロファイバークロス

5ミクロンの超極細な繊維で、水も汚れも絡め取る!

 

 

カークランド マイクロファイバークロス 36枚入り

 

 

コストコのプライベートブランド「カークランド」のマイクロファイバークロス

400mm×400mmサイズが36枚、洗車以外にも掃除用としても活用できる!

 

 

使い捨てに便利 マイクロファイバーウエス 1kg

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三共 GA301マイクロファイバーウエス(混色)1KG GA301
価格:690円(税込、送料別) (2021/9/23時点)

楽天で購入

 

 

 

200mm四方~600mm四方、サイズも色もバラバラのお徳用

使い捨てなら、使う場所を気にせずに使えます!

 

 

洗車用クロス おすすめしたい使い方

 

 

洗車用クロス、おすすめしたい使い方についてご紹介します。

 

 

 




1 洗車用クロス 場所によって使い分ける

 

 

1つ目は、場所によってクロスの使い分けをする事です。

面を変えれば良いのでは?と思われるかもしれません。

 

 

 

 

面を変えたり、絞って水切りする時に、砂などが他の面に移る可能性があります。

砂などの硬い粒子が付いてしまうと、車体に深い拭き傷ができてしまいます。

 

 

 

 

使い分けをする場合は、「ボディ用」と「タイヤ・ホイール用」の様に、場所ごと分けましょう。

 

 

2 地面に落としてたクロスは使わない

 

 

2つ目は、地面に触れたクロスは使わない事です。

これも1つ目と同様の理由ですが、砂などによる傷を防ぐ為です。

 

 

 

 

洗車をする時は、クロスを入れるようのカゴやバケツがあると便利です。

 

 

3 拭き上げの向きに気を付ける

 

 

3つ目は、拭き上げの向きについてです。

手洗い洗車や、洗車機についての記事でも書いています。

 

 

 

 

拭き上げの時には、上→下、前→後といった向きで拭き上げをしましょう。

このように拭き上げる事で、拭いた後に水滴が垂れたりする事を抑えられます。

 

 




 

洗車の拭き上げは、時間との勝負でもあります。

そのまま乾いてしまうと、イオンデポジット(ウォータースポット)の様に跡になる場合があります。

 

 

 

 

時間を掛けずに拭き上げを完了する為にも、クロスにも拘ってみてはいかがでしょうか?

↓洗車関係の記事も書いてます、一緒に読みましょう!↓

『オレ流が確立して人は見ないで!! 手洗い洗車のやり方』

『時間と車の輝きを両立させる! 洗車機を使い倒してみよう』

『綺麗は足元から! タイヤのチェックしてますか??』

コメント

タイトルとURLをコピーしました