車の盗難防止に! ハンドルロックの仕組み 解除方法と効果やおすすめをご紹介

スポンサーリンク
情報

車の盗難防止の為に何かしていますか?

今回は、多数ある盗難防止の方法から、ハンドルロックについて書いてみました。

 

 

 

 

仕組みや解除方法、効果、おすすめのハンドルロックをご紹介します。

 

 

車の盗難防止 ハンドルロックとは?

 

 

車の盗難防止の方法の1つ、ハンドルロックとは何か?について書いていきます。

ハンドルロックとは、ステアリングロックとも呼ばれています。

 

 

 

 

文字の通り、ハンドルがロックされ、動かすことができなくなります。

他にも、ハンドルに装着する事で、ハンドルの可動域を制限する、盗難防止の道具の事を呼びます。

 

 

ハンドルロックの仕組みとは?

 

 

ハンドルロックの仕組みについて、書いていきます。

最近の車では、キーが車内に無い状態で、ハンドルを回すとロックされる機構になっています。

上記はスマートキーの場合ですが、従来のキーの場合はシリンダーに刺さっていない状態でロックされます。

 

 

 

 

ハンドルロックが作動していると、プッシュスタートでも、シリンダーでも、エンジンの始動ができなくなります。

この仕組みを知らない時に遭遇すると、パニックになってしまいそうですね。

 

 

 

 

しかし、安心してください!

解除の方法を知っていれば、落ち着いてエンジンを始動させることができます。

 

 

車のハンドルロック 解除方法

 

 

車のハンドルロックが作動した時の解除方法をご紹介します。

これは、キーを持っている事が前提です。

 

 

 

 

以下は、キーをシリンダーに挿して始動する場合の方法です。

  1. オートマ車の場合は、ギヤが「P」に入っている事を確認
  2. キーをシリンダーに挿す
  3. ハンドルを左右どちらか動く方向に動かしながら、キーを回す
  4. ロックが解除され、エンジンが始動できるようになる

 

 




 

ハンドルがロックされている状態でも、左右どちらかに動かせる「遊び」のようなものがあります。

これは車種によって変わるようなので、動く方向に動かしながら解除を試みてください。

 

 

 

 

スマートキーの場合は、同じ様にハンドルを動かしながら、プッシュスタートボタンを押しましょう。

ハンドルロックの解除方法は、取扱説明書にも記載されています。

 

 

 

 

ハンドルロック作動中の警告灯についても、記載があります。

遭遇してしまっても、焦る事のないように、前もって確認しておきましょう。

 

 

車のハンドルロック キー以外にも原因がある?

 

 

車のハンドルロックが作動する条件と仕組みについて、書いてきました。

しかしながら、他に原因があり「ハンドルロックと同じ症状」が発生している場合があります。

 

 

 

 

このような原因がある場合に、同様の症状が起こりやすいようです。

  • スマートキーの電池が無い
  • バッテリー上がりを起こしている
  • 車が故障している

 

 

 

 

ハンドルロックの解除をしても、できない場合は、他の原因を考えてみましょう。

近年は、高級車の盗難が多くなっています。

オーナーの中には、車の機構以外に物理的にハンドルロックを取り付けている人もいます。

 

 

車のハンドルロック その効果とは

 

 

ハンドルに物理的に取付けるタイプのハンドルロック、その効果について書いていきます。

まず1つ目には「リレーアタック対策」という効果があります。

 

 

 

 

車のハンドルロック 効果① リレーアタック対策

 

 

リレーアタックとは、スマートキーの電波を利用して、鍵を複製して車を盗む方法です。

スマートキーからは、車にペアリングされた電波が常に出ています。

 

 




 

この電波は、広範囲に出ている訳ではありません。

しかし、一般的な自宅敷地内の駐車場程度の距離では、電波が拾えてしまうようです。

 

 

 

 

複製された鍵なので、ドアのロックも問題なく解除できてしまいます。

そこで、物理的にハンドルがロックされている場合は、抑止力になります。

 

 

 

 

リレーアタックの対策としては、スマートキーをお菓子の空き缶に入れて保管する方法が便利です。

他にも、スマートキーの電池が通電しない様になる機構のアイテムの導入、という方法があります。

 

 

 

 

スマートキーはカバンに入れておけば、ドアロックが外せる便利な物です。

ちょっとした手間が、盗難から車を守る事につながります。

 

 

車のハンドルロック 効果② 盗難に対しての抑止力

 

 

他にも、触れていますが「見てわかる=抑止力になる」という効果があります。

テレビの情報番組で、空き巣対策についての特集を見たことはありませんか?

 

 

 

 

そこでは、対策として「玄関の鍵を増やす」という方法が、その1つに挙げられていました。

これは、解錠までの時間がより必要と考えさえる事で、空き巣を諦めさせる効果があります。

 

 

 

 

これと同様に、物理的にハンドルロックを装着していると、「時間が掛かる」事をアピールできます。

ハンドルロックの製品リサーチを行いましたが、抑止力という意味合いもあり、目立つ色の製品が多く販売されています。

 

 

車のハンドルロック おすすめ3選

 

 

それでは、車のハンドルロック、物理的に装着するもの、おすすめ3選をご紹介します。

他にも多くの製品があるので、ご自身で比較してみてください。

 

 

 

 

LESTA ハンドルロック

 

多くのハンドルロック製品を販売している「LESTA」のハンドルロック

これは、鍵でロックを外すタイプ

 

  • 高硬度の合金鋼でカットされづらい
  • ドリルによる破壊に強いドイツ製シリンダー採用
  • ハンドルロック&クラクションの2重対策

 

 KIKAIYA ダイヤル式ハンドルロック

 

ダイヤル式のハンドルロック、暗証番号は5桁!

 

  • 鍵を無くす心配なし、暗証番号式
  • 軽自動車~トラック、幅広い車種に装着できる
  • 目立つカラーが、盗難対策アピールになる!

 

 

ホーネット メタルワイヤー式ハンドルロック

 

メタルワイヤー式のハンドルロック

  • ワイヤー式でかさ張らない
  • 目立つ色が抑止力になる
  • 装着もシンプル

 

 

車のハンドルロック 選ぶポイントとは?

 

 

車のハンドルロック、選ぶポイントについて触れておきます。

多くの種類が販売されているハンドルロック、種類も価格帯も様々です。

 

 




 

だからと言って、「安かろう悪かろう、高かろう良かろう」ではありません。

インターネット上には、ハンドルロック等の対策を施しても盗難された、という記事があります。

 

 

 

 

その中で、選ぶ時に考えるポイントを書いていきます。

 

 

ハンドルロック 選別ポイント① ロックの方法

 

 

1つ目は「ロックの方法」です。

主には2種類、「鍵でロックするタイプ」と「ダイヤルロックのタイプ」です。

 

 

 

 

製品リサーチをしていると、レビューにこのような内容の物が見られました。

「ある日突然、鍵が回らなくて困った」

 

 

 

 

ハンドルロックとしての性能は良くても、解除するシリンダーに耐久性が無い場合があります。

ハンドルロックが解除不可になった場合、専門業者を呼び、取り外すのに結構な金額が掛かるようです。

 

 

 

 

ダイヤル式でも、長く使用すれば同様の事は起こる可能性があります。

万が一の事も考えてみましょう。

 

 

ハンドルロック 選別ポイント② 形状

 

 

ポイントの2つ目は「形状」です。

おすすめ3選では、ワイヤータイプと、1箇所ロックタイプをピックアップしました。

 

 

 

 

他には、長いバーが付いているタイプもあります。

外している時の収納場所に影響するので、使用しない時の事を想定してみましょう。

 

 

ハンドルロック 選別ポイント③ 材質と重さ

 

 

ポイントの3つ目は「材質と重さ」です。

製品リサーチの中では、使われている材質によりハンドルに傷が付いてしまう物もあるようです。

 

 




 

また、頑丈であるが故に、重さでハンドルに跡が残ってしまう、というレビューも見られました。

これは、安心の為のアイテムなので、どのように天秤に掛けるかはオーナーの考え方次第です。

 

 

 

 

実際に使用する事で、分かるデメリットがあります。

レビュー数の多い物、致命的なデメリットの多いレビューのある物など、このような調べ方も一つの方法です。

 

 

ハンドルロック 選別ポイント④ サイズ

 

 

4つ目のポイントは「サイズ」です。

製品によっては、ハンドル径は対応していも、クラクションの高さで取り付けができない場合があります。

 

 

 

 

製品サイズと、取付ける車のハンドルのサイズ(径以外のサイズ)を細かく確かめましょう。

 

 

 

 

 

国内外で人気のある車種や、高級車は常に盗難の可能性があります。

少しの対策が、大きな効果を発揮する場合もあるので、検討してみてはいかがでしょうか?

↓こちらの記事も読んで下さい↓

『スマートキーの電池交換 やってみた』

『運転中の気分、変わりますよ! ハンドルカバーについて』

『少しの手間で綺麗が変わる? セルフ洗車機の使い倒し方』

コメント

タイトルとURLをコピーしました