妊婦さんにおすすめ シートベルト装着補助具 レンタルや付け方など

スポンサーリンク
快適グッズ

車に妊婦さんを乗せる時におすすめ、シートベルト装着補助具「マタニティシートベルト」について。

レンタルする方法や、付け方について書きました。

 

 

 

 

シートベルト装着 道路交通法で違反にならないケース

 

 

シートベルトの装着は、運転席と助手席では義務となっていますね。

後部座席については、高速道路を走行する時は装着が義務となっています。

 

 

 

 

なので、シートベルトを装着せずに乗車していると、違反として減点などの罰則が科せられます。

ただ、身体の都合などで装着が免除となるケースがあるのをご存じでしょうか?

 

 

 

 

道路交通法には、シートベルト装着について、以下の様に記載されています。

第七十一条の三 自動車(大型自動二輪車及び普通自動二輪車を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト(以下「座席ベルト」という。)を装着しないで自動車を運転してはならない。

ただし、疾病のため座席ベルトを装着することが療養上適当でない者が自動車を運転するとき、緊急自動車の運転者が当該緊急自動車を運転するとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。

出典『道路交通法』

 

 

 

 

妊娠中の場合は「座席ベルトを装着することが療養上適当でない」に該当します。

しかし、シートベルトを装着せずに、身体の安全が担保されるかというと、そうではありませんね。




 

シートベルト装着免除 安全なの?

 

 

交通安全関連のビデオを観た経験は、誰しも1度はあると思います。

助手席に乗車していて、衝突事故に遭った場合を考えてみましょう。

 

 

 

 

エアバッグが装備されている場合は、エアバッグが作動します。

しかし、シートベルト未装着の場合、エアバッグが作動してもフロントガラスに突っ込んでしまいます。

 

 

 

 

これは、前方向に働く力が、エアバッグにより斜め上方向に、ずれたためです。

シートベルト装着の場合は、斜め上方向にずれた力を停めてくれます。

 

 

 

 

道路交通法上では、免除となりますが、シートベルトは必要です。

そこで、妊婦用のシートベルト装着補助具「マタニティシートベルト」をご紹介します。

 

 

妊婦用シートベルト装着補助具 マタニティシートベルトとは?

 

 

妊婦用のシートベルト装着補助具「マタニティシートベルト」について、書いていきます。

マタニティシートベルトは、シートに設置して使用します。

 

 

 

 

乗車時に、シートベルトをこの装着補助具に通す事で、太もも辺りを通るように装着できます。

こうする事で、お腹への圧迫が無くなります。

 

 




 

通常のシートベルトの装着方法では、下腹部から腰に掛かるように装着します。

妊婦の場合、お腹のふくらみを避けて装着しても、圧迫感を感じる方が多いようです。

 

 

 

 

このような補助具は、使用する期間も限られている事もあり、存在を知らない人も多いようです。

リサーチの時に、様々な製品のレビューを見ていますが、このようなレビューが多い印象を持ちました。

 

 

「最初の妊娠の時に、この商品を知りたかった」

「妊娠中のシートベルトの圧迫が、本当に辛かった」

 

 

もし、この記事を読んで下さっている方の周辺に、妊娠中の方がおられる場合は、紹介してみてください。

価格帯は広いので、良品や粗悪品に出会う可能性はそれぞれあります。

 

 

 

 

また、使用するであろう期間も限られているので、レンタルという方法もあります。

先に、マタニティシートベルトのレンタルについて、ご紹介します。

 

 

妊婦用シートベルト装着補助具「マタニティシートベルト」レンタルについて

 

 

妊婦用のシートベルト装着補助具「マタニティシートベルト」のレンタル利用について。

チャイルドシートについての記事と同様ですが、通販サイトでもレンタル利用が可能です。

 

 

 

 

リサーチではレンタルできる商品については、「タミーシールド (Tummy Shield)」のみでした。

通販サイトで購入する場合は、1万円弱程の価格です。(リサーチ時)

 

 




 

オーストラリアで開発された、シートベルト装着補助具です。

国際特許を取得し、オーストラリアでの高速度衝突実験などの強度実験などに合格している製品です。

 

 

 

 

レビューには「思ったより重い」という言葉が多い、そんな印象があります。

レンタルの場合は、期間により金額が異なります。

 

 

 

 

1ヶ月間は3,000円(税別)、1ヶ月伸びるごとに1,000円(税別)ずつ加算されている、という感じでした。

 

 

【レンタル 1ケ月】マタニティ シートベルト装着補助具『タミーシールド』

楽天で購入

 

 

 

妊婦用シートベルト装着補助具「マタニティシートベルト」 おすすめ

 

 

続いては、マタニティシートベルトのおすすめを、ご紹介します。

 

 

 

 

マタニティシートベルト

【送料無料】マタニティ シートベルト 妊婦 安全 滑り止め ベルト 簡単装着 固定 車 運転 シート 内装 セーフティ

楽天で購入

 

 

 

左右・真ん中のベルト通しにシートベルトを通して装着するマタニティシートベルト。

他の製品では、バックルの強度不足のレビューが見られました。

 

 

 

 

レビュー数と内容から、こちらの製品をピックアップしました。

マタニティシートベルトを探される場合は、使用者のレビューを必ず確認しましょう。




 

マタニティシートベルト 付け方について

 

 

マタニティシートベルトのレビューには、付け方についての書き込みも多くありました。

装着方法などの説明書が、同封されていない場合が多いようです。

 

 

 

 

そこで、商品リンクですが、装着方法の画像を載せておきます。

 

 

タミーシールド 付け方

こちらの方が、シートベルト装着については、手順数が少なく、楽な印象です。

続いて、ピックアップしたマタニティシートベルトの装着方法です。

 

 

マタニティシートベルト 付け方

こちらも設置自体は、とても簡単です。

シートベルト装着については、手順数が多い印象があります。

 

 

 

 

価格を考えれば、納得できてしまう部分もあります。

使用者の利用環境に合わせて、選択されるのが1番です。

 

 

マタニティシートベルト 注意点

 

 

マタニティシートベルトを使用する場合の注意点を書いていきます。

このアイテムは、お腹への圧迫を回避する為の物です。

 

 

 

 

なので、製品によっては太もも周辺の締め付けが強い場合があります。

冬場でしたら、ブランケットを間に挟むなどのソフト面での工夫をしましょう。

 

 




 

胸部や上半身については、通常のシートベルト同様、身体に密着して装着するのが理想です。

上半身の締め付けも辛い場合は、シートベルトクッションを使用してみましょう。

 

 

 

 

ブランケット、シートベルトクッション、それぞれに記事を書いています。

この記事の下部に、リンクを貼りましたので、一緒に読んで下さい。

『暖かブランケットとシートヒーターについて』

『シートベルトの締め付けが苦手な方に読んで欲しい! シートベルトクッション』

『車内空間を清浄にしたい! 車で使える空気清浄機をおすすめします!』

コメント

  1. […] 『大事な命守りたい! マタニティシートベルトについて』 […]

  2. […] 『妊婦さんに使ってほしい! マタニティシートベルトについて』 […]

  3. […] 『妊婦さんに使ってほしい! マタニティシートベルトについて』 […]

タイトルとURLをコピーしました