車のガラス 撥水(はっ水)加工やってみた やり方とおすすめコーティング剤をご紹介!

スポンサーリンク
メンテナンス

車のガラスに、撥水加工のコーティングを施工してみました。

やり方と、おすすめのコーティング剤をご紹介します!

 

 

 

 

こんな経験、ありませんか?

夜&雨の日の運転なのに、フロントガラスがギラギラしている!

 

 

 

 

ギラギラしているのは、ガラスに油膜が張っている状態ですね。

この状態では、視界が悪くなり、運転しづらいです。

 

 

車のガラス 撥水(はっ水)加工って?

 

 

撥水(はっ水)とは、紙や布地に水が弾かれている状態の事、というイメージですね。

調べてみると、こんな説明が載っています。

 

 

超撥水(ちょうはっすい)とは、濡れ現象において高度な撥水性によって面に対して150°を超える接触角で水滴が接する現象のこと。

Wikipediaより

 

 

ちなみに、面に対して0°の状態は、超親水(ちょうしんすい)と呼ばれるようです。

 

 

車のガラスの撥水加工 種類による比較

 

 

車のガラスの撥水と一言に言っても、多くの製品が販売されています。

これらの製品は、主に…

  1. スプレーして塗布するタイプ
  2. スポンジに付けて塗布するタイプ

の2種類です。

 

 

 

 

私もカー用品店にグッズを探しに行った時に、種類の多さに決められずにいました。

お店のスタッフさんに、「液性を見て選ぶ方法もありますよ」とアドバイスをいただきました。

 

 




 

スプレータイプでは、飛沫がボディーなどに付着する場合があります。

塗装やコーティングを痛めてしまう事があるので、中性の物を選ぶ方が安心ですね。

 

 

 

 

他にも、素材から選ぶ方法もあります。

  1. シリコーン系
  2. フッ素系

それぞれの特徴を分かりやすくするとこんな感じになります。

 

 

シリコーン系 フッ素系
撥水力
耐久力 約2~3ヶ月 半年~約1年
お値段

 

 

 

 

 

 

撥水力を優先したい場合はシリコーン系。(耐久性が劣る)

施工回数を減らしたいならフッ素系。(撥水力が劣る)

といった感じになります。

 

 

 

 

最近では、シリコーンとフッ素のハイブリッド製品もあるので、選択肢は本当に多いです。

以下に、素材ごとのコーティング剤をピックアップしました。

 

 

ガラス 撥水コーティング シリコーン系 おすすめ3選

 

 

ガラスの撥水コーティング、シリコーン素材のおすすめです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【order】ソフト99 ガラコQ  ソフト99管理番号  04168
価格:1054円(税込、送料別) (2020/12/16時点)

油膜取りと施工が同時にできる

普通車のフロントガラス約7枚分の容量

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PROSTAFF プロスタッフ キイロビン 超撥水コート
価格:589円(税込、送料別) (2020/12/16時点)

コンパウンドで有名な「キイロビン」

シリコーン系の撥水コート剤

約90日間の耐久力のある製品

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シュアラスター Surluster S-130 ゼロウィンドウ コート ウィンド…
価格:1780円(税込、送料別) (2020/12/16時点)

シリコーン系でも約1年間の高耐久力

洗車機でも落ちにくい、とレビューあり!

 

 

ガラス 撥水コーティング フッ素系 おすすめ3選

 

 

続いては、フッ素系のガラス撥水コーティング剤のおすすめ3選です。

 

 

プロも使っているフッ素系コーティング

屋外で6ヶ月以上、屋内で1年以上の高耐久

これ1本で普通車5枚分のウインドウガラスに施工可能

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【order】ソフト99 超ガラコ  ソフト99管理番号  04146
価格:1507円(税込、送料別) (2020/12/16時点)

撥水コーティング剤ではメジャーなガラコ

約1年の高耐久&スポンジ一体型で施工しやすい

スポンジ一体型のフッ素系コーティング剤

普通車18台分の大容量

超ガラコよりコスパ良し!




 

ガラス 撥水コーティング シリコーンとフッ素のハイブリッド

 

 

ガラスの撥水コーティング剤、シリコーンとフッ素の両方の長所を持つ製品です。

 

 

シリコーンの撥水力とフッ素の耐久力のハイブリッド

持続期間は約3~4ヶ月

安い!長持ち!!よく弾く!!!

 

 

ガラス 撥水コーティング スプレー施工 おすすめ3選

 

 

ガラスの撥水コーティング、スプレーで施工するタイプのおすすめ3選です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シュアラスター Surluster S-97 ゼロウィンドウ 【スプレーして拭く…
価格:1240円(税込、送料別) (2020/12/16時点)

スプレーして拭くだけの簡単施工

雨の日の施工もできる優れもの

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソフト99 レインドロップ【ワックス・コーティング剤】 soft99
価格:1629円(税込、送料別) (2020/12/16時点)

ガラスにもボディにも使える

ボディは約3ヶ月、ガラスは約2ヶ月の耐久力

濡れてるボディ・ガラスに吹きかけて拭くだけの簡単施工

これ1本でミニバン約2台分を施工できる

噴射口が2つ&ガス圧アップで簡単施工

大きなウインドウガラスのミニバンも簡単に撥水加工

雨の日の施工にもおすすめ

 

 

スプレータイプは、濡れている状態で施工する物もあります。

雨の日の施工用に、ストックしておくのもアリですね。

 

 

滑水コーティング剤について

 

 

撥水以上の性能をもつ、「滑水(かっすい)」コーティングの製品も販売されています。

 

 

 

 

私も「ウインドウピカピカレイン」を86に施工しています。

1年と少し経過していますが、フロントガラスは十分に雨滴を弾いてます。

 

 

 

 

リヤウインドウは、3~4ヶ月程でコーティングが剥がれているようで、親水状態です。

もしかしたら、撥水効果のあるウォッシャー液を使っているのが、長持ちの理由かもしれません。




 

ウォッシャー液 選び方とおすすめ

 

 

ウォッシャー液は、液性と効果の両方を確認して選ぶのが、おすすめです。

液性が中性であれば、ボディについても、コーティングや塗装を傷めにくいです。

 

 

 

 

CCI(シーシーアイ) スマートビューウォッシャー 撥水タイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CCI シーシーアイ スマートビュー ウォッシャー 撥水タイプ 2L G-100
価格:448円(税込、送料別) (2020/12/16時点)

 

 

こちらは撥水効果のあるウォッシャー液。

液性が中性なので、ワイパーゴムや塗装面に付いても安心です。

 

SurLuster(シュアラスター) ゼロウォッシャー 超純水タイプ

 

 

こちらは液跡が残りにくい効果が特徴のウォッシャー液。

純水と、特殊気化性洗浄剤を使うことで、ウィンドウに液跡が残りにくい効果があります。

 

 

車のガラス 撥水コーティングやってみた 施工方法

 

 

車のガラスに撥水コーティングをやってみました。

その施工方法をご紹介します。

 

 

 

 

施工方法は、製品の説明書にも書かれています。

今回は、こんな感じで施工しました。

 

 

 

 

  1. ガラス面の洗浄(マスキング)
  2. 油膜取り、乾燥
  3. コーティング施工、乾燥

今回はマスキングを省略しています。

 

 

 

 

使用した道具は、こんな感じです。

  • 洗車グッズ(バケツ・スポンジ・クロス2枚)
  • 油膜取り剤(ガラスコンパウンド)
  • 撥水コーティング剤




 

1.ガラス面の洗浄、マスキング

 

 

最初に、施工するガラス面の汚れ(砂・ホコリ)を落とします。

水とスポンジで流すだけでも、問題ありません。

施工日が良すぎる天気の場合、帽子やサングラスを着用しましょう。

 

 


↑古いコーティングが残っている箇所もあります

 

 

カーシャンプーを使うと、しっかり汚れを落とす事ができます。

汚れを流した後は、クロスを使い拭き上げます。

 

 


↑今回は「超ガラコ」を使用しました

 

 

マスキングをする場合は、拭き上げ後に行います。

コンパウンドにより、樹脂部分が傷つかないようにする為です。

 

 

2.油膜取り(コンパウンド)、乾燥

 

 

次に、古い撥水コーティングや油膜を取ります。

新しいコーティングがよく乗る様に、下地を作っていきます。

 

 


↑今回はこちらを使用しました

 

 

コンパウンドの説明書の通りの用法で、ウィンドウの油膜を落とします。

(今回は油膜を落とす為なので、磨き方は丸でも縦横でもOKです)

 

 

 

 

水とスポンジを使いで、コンパウンドをしっかり流します。

(しっかりした下地処理をする場合は、この後にシャンプー洗いをします)

 

 


↑コンパウンドで磨いた後、水を弾いていなければOK

 

 


↑すすぎ後、水を弾いていない(親水)状態になりました




 

すすぎ(シャンプー)が終わったら、クロスで水分を拭き取り、乾燥させます。

※ 冬場は、カーエアコンのデフロスターを使います

※ ウインドガラスを温めることで、しっかり乾燥させる事ができます

 

 

 

 

しっかりと油分を取っておきたい場合は、脱脂剤を使ってガラス表面の油分を除去しましょう。

 

 

3.コーティング施工、乾燥

 

 

乾燥後、撥水コーティング剤を塗っていきます。

スポンジで施工するコーティング剤は、塗りムラや塗り忘れの無いように塗布します。

※コーティング剤によっては、塗り方が指定されている物もあります

※施工前に必ず確認しましょう

 

 


↑万遍なく塗り、乾燥→クロスで拭き取り

 

 

スプレー&拭き取りタイプのコーティング剤は、ボディに掛からないように注意しましょう。

スポンジで塗布した場合は、拭き取り作業も忘れずに行いましょう。

※コーティング剤を拭き取ったクロスは、他で使えなくなります

※100円ショップ等のマイクロファイバークロスがおすすめです

 

 


↑乾いた綺麗なクロスで拭き取り

 

 

コーティング剤により、拭き取りまでに乾燥時間の必要なものもあります。

それぞれの施工手順をしっかり確認しておきましょう。

 

 


↑今回は塗布後5~10分後に拭き取り

 

 

施工後の完全硬化までの時間が、記載されている物もあります。

施工する前に、完全硬化までの時間や、翌日の天気などを確認しておきましょう。

 

 

油膜取り剤(ガラスコンパウンド) おすすめ3選

 

 

油膜取り用のコンパウンドは、腕をひたすら動かす作業です。

施工面の広さにより、かなりの労力を必要とします。

 

 

 

 

コンパウンドを購入する時は、「持ちやすい」や「動かしやすい」を中心に選ぶのがおすすめです。




以下、コンパウンドをタイプごとにピックアップしました。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロスタッフ A-14 キイロビン クイックマジックゴールド
価格:849円(税込、送料別) (2020/12/16時点)

有名なキイロビンのコンパウンド

スポンジ一体タイプ

油膜取りスピードは従来品の3倍速!

スポンジに付けるタイプのコンパウンド

2種類の粒子が、フッ素系の強固なコーティングも落とす

高耐久のガラスコーティングを再施工するときにおすすめ

シートタイプのガラスコンパウンド

広い面積のガラスには不向きかもしれない…

サイドウインドウ等、細かい部分におすすめ

 

 

一般的な撥水コーティング剤は、施工後の乾燥時間が必要です。

しかし、撥水できてないと分かる時に限って、雨が続くんですよね…

 

 

 

 

なので、撥水コーティングを施工する場合は、梅雨入り前などがおすすめです。

濡れている状態でも施工できる製品もあるので、手元に用意しておくと安心です。

 

 

 

 

ガソリンスタンドでも、ガラスの撥水コーティングを施工してくれます。

セルフ洗車機の撥水コーティングの撥水力も、なかなか優秀です。

 

 

 

 

気になった人は、一度試してみてください。

スプレータイプの撥水コーティング剤の記事なども書いています。

↓こちらも一緒に読んで下さい↓

『重ね掛けでワイパー要らず? 滑水コーティングやってみた』

『雨の日でも撥水させたい? スプレータイプの撥水コーティングを使ってみよう!』

『実は優秀? セルフ洗車機のコーティングについて』




コメント

  1. […] 『撥水コーティング DIYで施工してみた』 […]

  2. […] 『ガラスの撥水加工 DIYしてみた』 […]

  3. […] 『ガラスの撥水コーティングについて』 […]

タイトルとURLをコピーしました